それはまるで恋だ~フリッパーズ・ギター/カラー・ミー・ポップ~

フリッパーズ・ギター、通称パーフリ。
私はもう完全に後追い世代で、オザケンのソロから逆行して入ったクチです。
知った時にはもう解散していて、半ば伝説的なスタンスに押し上げられていたフリッパーズ・ギター。
多感なミドル・ティーンのころからずっとお世話になっております。

今日ご紹介するのは「カラー・ミー・ポップ」というベスト盤。
解散時にツアーを全部すっ飛ばしたらしく(笑)、それの穴埋めでリリースされた編集盤だとか。

カラー・ミー・ポップ
ポリスター
1993-09-01
フリッパーズ・ギター

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by カラー・ミー・ポップ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


なんかフリッパーズ・ギターの音源ってちょっとしかないんですよねー。
リアルタイムで熱狂していた人とか、フリーキーな方にはものすごく怒られると思いますが、ちょっとしかない割に(いや、むしろちょっとしかないからか!)けっこう収録曲もかぶってるの多くて、ぶっちゃけどれがオリジナルでどれが編集盤でもいいや、という投げやりな気分になります(笑)

私にとってはこの編集盤が初めて聴いたフリッパーズギターの音源で、思い出深い1枚です。

オザケンの「LIFE」を聴いた小学生(中1だったかも)の私は、彼がソロデビューの前にフリッパーズギターというバンドをやっていたらしいという情報を入手し、なけなしのお小遣いを持ってTSUTAYAに行きました。
そしたら、何枚か音源はあるものの、同じ曲がいろんなCDに入っていて、もうどれから聴いたらいいのやらワケが分からなくなってしまったんです。
この数少ない音源が並ぶ棚の前で、1時間はとっかえひっかえしながら悩んでましたね(もちろん帯の文句も熟読しました・笑)

で、最終的にジャケットのアートワークで選んだのが、この「カラー・ミー・ポップ」でした。
大人になるまでベスト盤だと気づかなかったのですが(笑)、今でもフリッパーズギターのCDで一番よく聴く1枚でもあります。

これを初めて聴いたときの感覚が、「それはまるで恋だ」だったんです。
…って、全然伝わりませんよね(汗)
えーと、なんというか、こう、恋をした時の感じが全部詰まってる感じ、と言うのが一番相応しいかな、と思います。
もちろん当時はまだ恋なんて知らない子供だったので、後になって思い返せば、ということですけど(笑)

たとえば「恋とマシンガン」は、恋が始まりそうな時のわくわくする感じ。

「奇妙なロリポップ」は、相手のちょっとした「知らなかった部分」が見えてドキッとする感じね(笑)

(この「奇妙なロリポップ」、フリッパーズ・ギターより前のロリポップ・ソニック時代のものらしい。初めて聴いた!)

「グルーヴ・チューブPt.2」なんかはもう真っ只中、脳内麻薬物質がぐんぐん漏れてる!


「南へ急ごう」はもうバラ色に自己陶酔しちゃってる一番危険な時の脳内BGMですね(笑)

「カメラ!カメラ!カメラ!」や「ラヴ・トレイン」は胸キュンする時の感覚をそのまま音にしたような甘酸っぱさ。


「クラウディー」や「コーヒー・ミルク・クレイジー」はデートの洋服を選ぶとき、たとえば午前9時半なんか聴くとに非常によろしい。

「クールなスパイでぶっとばせ」は、ライバル登場!みたいなスリリングな展開を彷彿とさせます。


…とまぁ、私のフィルターを通して聴くとこんな感じになってるんですけど、どうすかね(←謎)
うーん、実生活でもあのころのようなトキメキがほしい(笑)




~あとがき(のようなもの)と、ちょっとした言い訳~

今日も長々とおつきあいくださいまして、どうもありがとうございました☆

本当は、昨日この記事を書くつもりだったんです。
でも、さぁ記事を書くぞ、と息巻いてみたものの、「さて、どんな内容でタイトルはどうつけようか」と非常に悩みました。

音楽的ポテンシャルがとても高いのはもうその通りで、そこについて私ごときが言い足すことはもはや何もありません。
元ネタ解説なんてできるわけもなし…。
奴らの素行の悪さ(笑)についても、散々いろんな方が、私が書くより詳しく、また面白く書いていらっしゃいます。
(だって私もそれらを見たから知ってるんだし…)
それに多分、このblogに来てくださる数少ない、でも大切な常連さん(常連さんって呼んでいいですよね!?みなさん)は、私がウンチクを語るよりよっぽど造詣が深くていらっしゃるから、私にはそんなこと期待してないだろう、と(爆)
そこまで考えて、もう「後追いですから!」と開き直って、あの曲がいい、この曲が好き、そんな記事にしようかとも思ったんですけど、それだけじゃ逆にもっとつまらないんじゃないかと…。
で、結局、熟考してみたものの決められなくて、昨日のエントリは非常にさらっとしたマンガの記事になりました(笑)

今日も仕事中ずっと考えていて(←真面目に働け)、もう頭の中はフリッパーズギター一色でした(笑)

それだけ考えに考えて、やっと決めたのですが…。
まるっきり自信がありません(笑)
面白いことを言おうとした時ほどスベる、というのは定石なのですが、それと同じようにスベった記事になってないといいのですが…。

"それはまるで恋だ~フリッパーズ・ギター/カラー・ミー・ポップ~" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント