OMNI

アクセスカウンタ

zoom RSS THE YELLOW MONKEY/9999のアルバム曲

<<   作成日時 : 2019/04/20 22:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日発売された、THE YELLOW MONKEYのニューアルバム「9999(フォーナイン)」。


【メーカー特典あり】9999 (初回生産限定盤)<CD+DVD>(特典DVD付)
ワーナーミュージック・ジャパン
2019-04-17
THE YELLOW MONKEY

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



アルバム曲の私なりの感想です。



「この恋のかけら」
アルバム内で唯一、メンバー以外の人間(土屋昌巳さん)が編曲のクレジットに載っている曲。
外部のプロデューサーにちょっとびびってしまうのは、私だけではないはず(笑)
優しい哀しさ、みたいなものを感じました。中年男の哀愁というか。
ちなみに英題は「Matryoshka」のようです。

「Love Homme」
HEESEYのベースがめちゃめちゃ格好いい!!
この曲のベースは「本当に久しぶりの指弾き」だそうです。
指が弦に当たるアタック音が、裏拍みたいになっててイイんだよね〜とラジオで語っておられました。
やっぱイエローモンキーの、HEESEYのベースはこうでなきゃ!!!という、圧のあるベースサウンドはさすがです。


「Breaking The Hide」
ギターのEMMA作曲。
「Horizon」でも思ったけど、私、EMMAの曲が好き!!
私は、解散後の各メンバーのソロワークには全くと言っていいほど興味がわかなかったのですが、この2曲を聴いて、ブレチャはこれから聴いてみようかなと思いました。
初期の頃のイヤらしい感じとか、ねちっこさとか、妖しさ(怪しさ?)とかが見え隠れする感じはあるのですが、それだけではない新しさはやはりEMMAのおかげなんだろうなー。

「Changes Far Away」
イントロのノスタルジックなギターの音ですでにやられました(笑)
70年代ぐらいのロックと、ソウルクラシックスの薫りを感じる曲。
ピアノが入った曲は好きになる確率高いです、私。

「baloon baloon」
イエローモンキーが得意そうな曲。
でもさ、ここまであからさまにGSっぽい曲って今までなかったと思うの。
武道館の、世界最速先行試聴会のアンケートでは一番人気があった曲だそうですが、すごく納得(笑)
イエローモンキーのファンはこういうの絶対好きだよねぇ。覚えやすいしキャッチーで、レトロな感じが逆におしゃれな歌詞。

「Titta Titta」
突き抜けて明るい曲調で、ここまで明るく来られると、逆に毒とか病的なものを感じるひねくれた感性の私(笑)
ラジオでは、アルバム曲でライブ映えしそうな曲として紹介されていたと思います。
わかるわかる、なんかテープとか紙吹雪とか花火とか、そういう派手な演出も似合いそうな曲だと思う。
ライブ映えしそうとご本人たちが言っているのだから、ツアーで聴くのが楽しみですね♪


というわけで、アルバム曲6曲のレビューでした!!
これから聴き込んで行くと、また新しい発見があったりすると思いますが、とりあえず今のところはこんなふうに感じました。

あぁ、それにしても「ニューアルバム」ってイイ響きだわ!!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
THE YELLOW MONKEY/9999のアルバム曲 OMNI/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる