新譜が出るという喜びについて語りたい

やっと一周聴き終えました、イエローモンキーのニューアルバム「9999(フォーナイン)」
通勤時間にしかゆっくりじっくり音楽を聴く時間がとれないもので…(汗)

細切れで聴いていて、一周通して聴けていないのが悲しいのですが、とにかく聴いたことは聴きましたよ、なんとかね。

で、感想なんですが…。
正直、気持ち的には、アルバムの中身云々より新譜を聴けるという喜びを噛み締める方に行ってしまった感は否めません(笑)

年のせいで、年々時間の経過があっという間に感じるようになっているのであまり実感がないのですが、再集結から3年経ってるんですよね、アルバムリリースまで。
体感1年ぐらいですけどね(笑)

私が3年ボンヤリしてた間に、あのおじさんたちは頑張ってアルバムを作っていたわけですね。
アルバムを形にしたイエローモンキーと、何もなし得ずボンヤリ過ごした私。
比べるとこ間違ってるかもしれないけど、なんか反省しちゃいます(笑)

さてさて、私のボンヤリはどうでもよくて、アルバムの話ですよね。
全13曲のうち、シングル曲が7曲(正確に言えば、ALRIGHTは砂の塔のB面なので6曲になるのかな?)。
つまり、過半数が既出曲というアルバムなんですが、アルバム曲が良い!!!!

NHK FMのサウンドクリエイターズファイルの、先週のANNIEがゲストの回で、「捨て曲のないアルバムは名盤」という話をしていたと思うのですが、正にそうだなと。
3年待った甲斐がありましたよ。

アルバムを曲の感想を書くつもりだったのですが、長くなったので、次回の記事に回します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック