LOVE・名盤名ジャケ⑤~T.Rex/Slider~

この企画も第5回を迎えることとなりました。
まだまだ秋ですから、張り切っていきたいと思います!!

第5回は、前々回に引き続き、T.Rex(またかい!)
「Electric Warrior」と双璧をなす名盤、「Slider」です。

Slider
Code 90 Records UK
2006-06-27
T-Rex

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Slider の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


はー、私のLOVEがスパークしてますねぇ(←謎)

ポートレイト・ジャケットの中ではトップクラスに有名なジャケットではないでしょうか。
シルクハットのボラン様にソフトフォーカスしている、なんとも味のあるジャケット。
ちなみに、裏ジャケはボラン様の後ろ姿でございます。

モノトーンの色調に赤で印字されたバンド名が際立っていて素敵ですね!
モノトーン+赤という色合わせ、無条件で好きなんです。
私自身、洋服もこういう色を選ぶことが多いですね。
ほんとに一時期の私のクローゼットは、80%が黒、15%が白、残り5%が赤、それ以外の色は一切なし!だったこともあります(笑)

で、ここで一つ声を大にして言いたいことがあります。
Amazonの商品紹介コメントにも堂々と「リンゴ・スターが撮影したジャケットも有名。」なんて書いてありますが、このポートレイトはT.Rexのプロデューサーだったトニー・ヴィスコンティが撮影したものです。
別に中身に影響があるわけでもないし、どうでもいいことかもしれませんけど、名ジャケ企画としてはここは言っておかなければなりませんよね。

よし。言いたいことは言ったぞ。
それでは、アルバムの中身、音楽のことをここからお話しさせていただきますね。

このアルバムは1972年リリースの、彼らの3枚目のオリジナルアルバム。
「電気の武者」の記事でも少しふれたように、T.Rexの、私の好きな部分がギュッと詰まったアルバムで、彼らのオリジナルアルバムでは一番プレイ回数が多いです。
(本当は一番よく聴いているのはベスト盤…汗)

オリジナルアルバムの中で、一番最初にT.Rexを聴くならどれが良いかと尋ねられれば、絶対このアルバムを推しますね、私は。
捨て曲なんて1曲もない、大好きなアルバムです。
これを聴いて気に入らなかったら、おそらくT.Rexは好きになれないと思います。

ミーハーな意見だと思いますが、やはり1曲目の「Metal Guru」が好きです。

このヘロヘロのビブラート(←褒めてます)、たまらん!!
どうしてこんなにかっこいいのか、マーク・ボラン!
あぁ、もう、大好きだーーーー!!!!(←落ち着け)

へヴィな「Buick McKane」もかっこよくて好きです。

youtubeで検索をかけたときに知ったのですが、guns n' rosesにもカバーされているみたいですね。
確かに彼らがカバーするのがしっくりきそうなイメージ。
聴いてみた印象だと、guns n' rosesのカバーの方がちょっと硬派な感じかな。

そして、その「Buick McKane」から一転して、またキャッチーでグラマラスな「Telegram Sam」へ。

ファンの狂いっぷりが半端ないっすね(笑)
でもわかる!!わかるよ、その気持ち!!

あとは「Baby Strange」なんかもかわいくて好きだし。


今日はどの動画を貼りつけるかすごい迷いますね。
そろそろこの辺にしとかないと、もう全曲貼り付けそうな勢い(笑)

大好きなCDのレビューができて幸せです。
まぁ、レビューと言うほど大したことも書いてないですけどね(汗)
今日はとにかくこのアルバムが大好きなことが伝わればいいです(こら!)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2011年10月30日 18:03
Guns N' Rosesが出したカバーアルバムに入ってるヤツですね
原曲は、初めて聴きました
GNRの方が、ハードに仕上がってますね
OASI-Z
2011年10月30日 23:38
こんばんは~。
このアルバムジャケットは、本当に素晴らしいですね~。
何せ当時のロックファンの女性達は、このアルバムジャケットを小脇に抱えて、街を歩いていたという位ですからね~。
もっとも、今のCD時代では無くLPレコードの大きさがあったから、ファッションアイテムにもなったんでしょうけどね(笑)。

それと以前、グレイテスト・ヒッツの時にもトラバさせていただいたのですが、もう一度させていただきました。
今、振り返るとあれが煌砂さんに対する最初のコメントだったんですね。懐かしいな~。
2011年10月31日 00:48
>kazupさん
こんばんは!

へ~、カバーアルバムに入ってるんですね~。
私はGuns N' Rosesのバージョンを初めて聴きました。
カバーもかっこよかったです。

そして、「GNR」という略し方、カッコいいですね!!
2011年10月31日 00:52
>OASI-Zさん
ども!!
トラックバックありがとうございました!
こちらからもお返しさせていただきましたので、よろしくお願いいたします!

>このアルバムジャケットを小脇に抱えて…
まじっすか!!
持ち手とか取っ手とかないから、持ちにくそうですね(笑)
手汗でジャケットしわしわになりそうだし…(汗)
しかし、このジャケはレコードの大きいサイズだと素敵さ倍増ですね~。

そうそう、あれがOASI-Zさんから最初に頂いたコメントでしたね。
懐かしいですね~(^^)
2011年11月02日 04:35
>このポートレイトはT.Rexのプロデューサーだったトニー・ヴィスコンティが撮影したものです。

あら、わたしもリンゴスター説を信じてました。ということは、多分昔そういう俗説が流れて都市伝説のように今でも信じられているのではないかな?

学生の頃、このアルバムが好きで勢い余ってこのジャケのTシャツを買ってしまったことがあります。正直、着ると微妙なので全然着なかったですが(爆)。

あと、これのi-phone用ケースがあるの知ってます?

http://www.smartphone-case.jp/msc_promotion.php
2011年11月02日 19:58
>カナさん
こんばんは!

リンゴスター説、どうやらマーク・ボランが自分で言ってたみたいですよ。
トニーに「俺が撮影したのに、なんでそんなこと言ったの?」と訊かれて、「そのほうが宣伝になっていいでしょ?スターっぽいし」的なことを言っていたらしいです(笑)
大学時代「ロックンロール文化革命」という卒論を書いた友人から聞いた話なので、信憑性がある説だと思うのですが…。

Tシャツ、着ると微妙なんですね(笑)
私も一度、着ている人を見かけたことありますが、顔がデカくプリントされるので、かなりインパクトありますよね~。
i-phoneケースぐらいの面積にしといた方がいいかもですね(爆)
私なら、ビートルズの「HELP!」のやつにするかなぁ…。

なんて言いつつ、私まだi-phoneじゃないんですけどね(笑)
いまだにパカパカ開く携帯を使ってます。
そろそろ乗り換えたいんですけど、意外と壊れないのでもったいなくて…。

この記事へのトラックバック