特に何があったわけでもない~Mr.Children/深海~

なんか最近鬱々とした曲たちに惹かれる私であります。
いや、別に何か嫌なことがあったわけでもなんでもないんですが。
最近になって、やっとついったぁなるものを初めてみたのですが、そのあまりの情報量の多さと更新頻度に疲れてしまったのかもしれません(笑)

そんな鬱々シリーズ(笑)の中から、今日はこれを聴いています。

深海
トイズファクトリー
1996-06-24
Mr.Children

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 深海 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


リリース当時、あまりにも否定意見が多すぎてものすごい反響を呼んだ1枚であった記憶があります。
今聴くと、いいアルバムだな、と思う。

恋や愛のことばっかり歌ってらんねーんだよ。
まっとうに大人になった方々なら、おそらく。
まぁ、それを仕事にしている人たちですから、曲として表に出すかどうかはいろんなしがらみもあって、できたりできなかったりすることもあるのだろうけれど。
もしかしたら、普段は恋愛の歌ばっかりリリースしてる人が、実は社会批判の歌を全部お蔵入りさせてるのかもしれないし(笑)

清志郎さんは、「スターになったら、「会いたい」とか「恋しい」とか「切ない」とか、そんなことばっかじゃなくて、「戦争は止めよう」って歌ってみたらいい。1曲そんな歌を出したって、スターになった後なら人気が落ちるなんてことはないだろ?」みたいなことを言っていたけど、まさにそうだと思う。

とかなんとか言いながら、ラブソング、好きですけどね(笑)
このアルバムの3曲目「手紙」なんて最高。

当時はポップでキャッチーな「Mirror」のほうが好きだったけど(笑)
この押し花感、いいですよね。
こう、ちょっと色あせた感じとか、でも水分を失いきってない感じとか。

が、しかし!!
このアルバムはそこじゃない。
8曲目「so let's get truth」。
最初は「なんじゃこの曲…長渕??」と思ったのをすごく覚えてます(笑)

2分にも満たない短い短い曲ですが、ぎゅっと詰まってる。
ブルースハープも初だったんじゃないかな(自信はないけど・笑)
アコギ1本とは何とも潔い。

で、そこからつながる「マシンガンをぶっ放せ」。
間違いなくこのアルバムのハイライトだと思います。

クリーンなギターの音と、間奏部分のうねるベースラインが好きです。
よくできたポップスロックでありながら、噛みつくような桜井さんのヴォーカルと、メッセージ性のある歌詞が華と毒を添える。
直接に戦争どうこうの歌ではないですが、まさに「スターになった」彼らが歌うことがかっこいいんだと思います。

このアルバム、今聴いても全然古いと感じない、すごいアルバムだと思います。

一時期、ライブ映像なんかを観てると、ファンとの距離?関係性?が、宗教的と言うか妄信的と言うか、なんか尾崎豊っぽくなってしまったなぁ、あんて思って離れてたけど、やっぱ私ミスチル好きじゃん(笑)
(尾崎豊も別に嫌いじゃないけど、なんかあの熱狂ぶりにちょっとひいてしまうんですよね…)


ところで、全然関係ないけど、東京事変のニューシングルのPV、林檎嬢が素敵すぎてCMに目が釘付けになってしまった。
私の大好きなモガだ!!かわいい!!
ターンする林檎嬢のスカートがふわっと広がる瞬間は観ててわくわくするZE!!

この記事へのコメント

2011年05月14日 17:29
ミスチルいいですね
と言ってもアルバムは、聴いたことないんですけどね
シングルの曲とかは、良くカラオケで歌いましたね
ちょっと苦しいけど

「so let's get truth」は、ほんと長淵っぽい歌い方ですね
2011年05月15日 15:02
>kazupさん
こんにちは~☆

カラオケで「ちょっと苦しい」程度で歌えるなんてすごいです!
音域が広いので、私の場合どんなにキー調整しても出ない音が出てきます(汗)
2011年05月16日 04:22
この頃のミスチルは、あまりに売れすぎて暗黒モードに入ってた頃ですね(笑)。こんな陰鬱なアルバムでもメチャクチャ売れちゃって、後はもう休むしかないってことでこの後しばらく活動休止しますけど。

歴史的に見ても、ラヴソングでバカ売れすると、必ず反動が来るもんですよね。愛だの恋だの歌って自分たちだけ金持ちになっていいのか?っていう。ビートルズで言うとジョンですね。それで疑問を持たないのがポール。ビートルズの場合はそれで解散したわけですけど、ミスチルは桜井さんのワンマンバンドなので、悩んで、学んで(笑)、迷走して、最近はまたラヴソングに回帰しつつ、社会問題啓発ソングとのバランスもとれていい状態だと思います。この「深海」がなきゃ今のミスチルはなかったっていう重要なアルバムだと思います。
2011年05月16日 19:21
>カナさん
まさに暗黒モード全開ですよね(笑)
ミスチルの音楽遍歴はまるで人生のようだといつも思います(笑)
俗世→迷走(イマココ)→活動休止中にニルヴァーナ→博愛→啓蒙、布教みたいな流れで…。

一回悩んでどん底まで行ったのがプラスになったんでしょうね。
当時の桜井さんは辛かったでしょうが…。
akakad
2015年10月26日 21:49
シーラカンスがこのバンドで1番好きな曲です
深海とディスカバリーだけ持ってます
あとのはちょっと甘ったるくて受け付けないです

この記事へのトラックバック