久しぶりに新譜(!)~MAA/バレリーナ・ブレインシステム~

今日は久しぶりに新譜を聴きましたのでご紹介しますです。
(新譜と言ってももう1ヶ月前ぐらいの作品ですが)

MAAの、「バレリーナ・ブレインシステム」です。

↓コレ↓


いやはや、ちょっとびっくりするぐらいべっぴんさんですな。
個人的に、目と眉が近い人が好きですので、この人ツボです。
あと鼻のラインなんかも好き。
まぁ結局バランスなんですが、それを言っちゃあ身も蓋もない(笑)

PVに使われているのはPapabubbleのキャンディーだと思うのですが、
あれ、美味しくて可愛くて、私も大好きです。(どうでもいい…)

記事を書くにはあまりにも情報がなかったので、
ちょっと彼女について調べてみたんですが、
どうやら彼女、和製GAGAと言われているそうです。
このPV、確かにそれっぽいですよね。

ご本人が和製GAGAを目指している(?)かどうかはともかく、
そして私はこのマキシしか聴いていないので何とも言えませんが、
とにかくこの曲、キャッチーなサビにかなりの中毒性があります。
現に今エンドレス1曲リピートですから(笑)

今日、久しぶりにTSUTAYAに行ったらこれがかかってて、
一も二もなくレンタルしてきました。
サビの部分が耳について離れなくて…。

どうやらレンタル専用らしく、
Amazonでも楽天でもマキシは売っていないようですね。

このアルバムに収録されているそうな。
↓コレコレ↓

Monkey Kingdom
EXIT LINE
2010-12-01
MAA

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Monkey Kingdom の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



この曲、イントロの部分がこれまた素敵。
たった10秒足らずですが、もうこの時点でぐいっと引き込まれます。
TSUTAYAの店頭でサビの部分しか聴いていなかったので、
「お、こんなイントロなんや」と嬉しい誤算(?)でした。

歌詞のスタイルはこういうハウスビート系J-POPの王道っぽいですね。
Perfume的と言うのでしょうか(←まとめすぎ?)

私見ですが、やっぱりこういう感じの曲に合わせる歌詞は
ちょっとオシャレSF的だったり、近未来的だったり、
女の子が好きそうな感じのちょい切な系だったりが多い気がします。
で、あんまり意味のないフレーズのリピートがサビに入る、みたいな。

「傷つき泣いた日のことも 忘れちゃえばいい」
「忘れたくない記憶だけ残して バレリーナ・ブレインシステム」
という歌詞があるのですが、そんなんマイクロチップ埋め込まんでも
私は必要なことまで根こそぎ本気で忘れてしまいます(爆)
で、都合のいいことだけ覚えているという…幸せな奴ですね(笑)

いや、もうすでに間違った形で「バレリーナ・ブレインシステム」が
導入されているのかもしれませんけどね(死)
で、マイクロチップ入れられたことも忘れてるとか…(笑)

こういうエレクトロニカな感じ、昔は苦手だったんですけどね。
もっと生の音、バンドが出す音に偏ってましたし、
テクノなんて大の苦手だったはずなんですが、
いつからかエレクトロニカも好物になってます(笑)

小室哲哉の全盛期、安室ちゃん世代の私ですから、
その頃にエレクトリックな音が耳に馴染んでいたのかもしれません。

いや、しかしこのダンサブルな感じ、何とも好きですね。
アルバムが気になります。
マキシの2曲目「ナイトメア」もこんな感じだったので、
全編こんな感じだとちょっとオナカイッパイになりそうですが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2010年12月21日 01:00
日本人離れしたきれいな顔立ちに、英語の発音も良いと思ったら、お父さんがアメリカ軍人だそうですね
ちょっとPerfumeっぽいですね
Perfume自体ちゃんと聞いたことないけど
歌は、上手いし良い感じですね
2010年12月21日 01:32
へぇ~、そうなんですか!
kazupさん情報通ですね!!
やっぱりあの目と眉の近さはミックスならではなんですかねぇ…。
ステレオタイプな純日本人的平坦な顔の私にはとても羨ましいパーツです(涙)

今風(この言い方にすでにオバサンのかほりがしますね・汗)のハウスビートに乗っけたポップな感じとか、Perfume的かもしれませんね(^^)
私が勝手にマトリックスを作るなら、PerfumeはJ-POP(歌謡曲?)寄り、彼女(MAA)はちょっと洋楽っぽいほうに振れている気がします。

この記事へのトラックバック