ジェネレーションギャップ~無罪モラトリアム/椎名林檎~

うちの旦那さんの妹は、ちょっと年が離れています。
今大学の1回生。
加藤ミリヤが大好き☆

そんなうら若き彼女が、私に
「椎名林檎のCD持ってたら貸して」と言いました。
とりあえず「無罪モラトリアム」を貸してあげて、
返してくれたときに彼女が言った一言。
衝撃でした。

「東京事変の人、こんな歌うたってたんだねー」

え?何が衝撃なの?普通じゃん。と思ったあなた。
きっとあなたは確実に私より5歳は年下です。

多分私の世代では、椎名林檎は、
「東京事変の人」ではなく、
「椎名林檎」なんです。多分。

ジェネレーションギャップをひどく感じた私。
極めつけの一言は、
「今度友達とカラオケ行ったら歌うね!
あたしはお兄ちゃんがいたからちょっと聞いたことあったけど、
友達誰も知らない曲だからチョー渋いよ!」
でした(苦笑)

そうか…私の青春の衝撃の一枚は、妹ちゃんたちの年代には
「誰も知らないチョー渋い」アルバムなんだ…。
もはやオールディーズ扱いか!懐メロか!

でも、発売日を確認したら、すごく納得しました。
1999年発売。
ってことは、彼女は当時6~7歳。
そら知らんわなぁ。

林檎嬢も大人になるわけだ。
そろそろ林檎嬢もベテランさんに入るのかな。

ショックながらも嬉しかったのは、
「チョーかっこよかった!」という妹ちゃんの感想。
うんうん、そうだろうとも。
「チョーかっこいい」んだぜ、椎名林檎は。

妹ちゃんのお気に入りは「幸福論(悦楽編)」だそうです。
シングルVer.も聴かせてあげたいなぁ。

ちなみに私は(誰も聞いてないって言わないで~!)
林檎嬢が今まで発表したアルバムの中で、
(東京事変などなど色々含めても)
この作品がダントツに好きです。
捨て曲なしの濃ゆ~い1枚。
どこから切っても魅力的なアルバムです。

無罪モラトリアム
EMIミュージック・ジャパン
1999-02-24
椎名林檎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 無罪モラトリアム の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2010年11月29日 04:34
わたしもこのアルバムが今でも圧倒的に好きです。一番好きな曲は未だに「丸の内サディスティック」だし。
東京事変や他の林檎名義のアルバムはちょっとオーバープロデュース気味な気がするんですよね。「三文ゴシップ」と事変の「能動的三分間」はかなり良かったけど。
2010年11月29日 08:54
おはようございます、カナさん!
トラックバックにリンクに、いろいろと繋げていただいてありがとうございますm(__)m

東京事変だと、私は「群青日和」が好きです。
なんか彼女の作品はバンドっぽい音が好きみたい。
と言いつつ「能動的三分間」はダウンロードして持ってる私ですが(笑)
「唄ひ手冥利」の「onion song」みたいなソウルフルなのも好きです。

林檎嬢、器用貧乏ですよねぇ(失礼!)

この記事へのトラックバック