OMNI

アクセスカウンタ

zoom RSS 早起きは三文の徳〜the dresscodes/トートロジー〜

<<   作成日時 : 2013/08/18 10:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

やー、びっくりした。
もう一昨日ですが、朝起きたらテレビにドレスコーズの面々が映っていた。
というかむしろ、バックで流れているドレスコーズの新曲(というか志磨氏の声)で目が覚めた。
むくりと起きあがると、テロップで『ディズニーいいね』なんて出ているものだから、寝起きのボンヤリ感と相まって、よくわからないままにひたすらボーっと観ていたのだけれど、正気になった時にはすでに次のコーナー(もしかしたら次の次とかかも…)になってしまっていた(爆)

なんでも、4日前に発売されたばかりの新しいシングル「トートロジー」(←超説明的・笑)が、アニメ「トリコ」のテーマ曲になっているのだとか。

トートロジー [初回限定生産盤 CD+DVD]
日本コロムビア
2013-08-14
ドレスコーズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by トートロジー [初回限定生産盤 CD+DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


これまでドレスコーズについては書いてこなかったけれど、実はちゃんと聴いてます。
シングル「TRASH」も、アルバム「the dresscodes」も、ちゃっかり持ってるのです。

シングルについて書く前に、ドレスコーズというバンドについて、感想を少し書かせてくださいね。
ドレスコーズ、ざっくり言えば「マリーズよりも正統派かっこいい感じ」です。
ちょっとおしゃれというか、垢抜けた感じというか。
知能指数が上がった感じとでも言いましょうか。
テクニック面で飛躍的に向上したという点においては、ブルーハーツとハイロウズの関係性のような。

個人的には、メンバー全員シュッとした体型のおにいちゃんたちなのに、その中に誰一人「さわやか」という言葉が似合う人がいないところが好きです
今回のアー写なんて全員もっさりしたロン毛ですし(笑)
…と、例によってビジュアル面ばかり気になってしまうミーハーな私ですが、許してね。
だって男が好きなんだもん(←いろいろ誤解を招きそうなフレーズ・笑)

で、今回のシングル「トートロジー」。

正直言って、「TRASH」や「LOLITA」みたいな感じのが好きです、私はね。
それら2曲は、上手い人たちがやるからこそ活きる曲だと思ったし、そのこじゃれた感じが新鮮でした。
ドレスコーズ始動のネット記事でメンバーの名前を見た時に、そこそこ名の知れた人たちばかりで結成されたバンドなので、マリーズの曲を演奏上手い人たちでやってるみたいな感じになるのであれば、私はドレスコーズは聴かないなと思ってたんです。
でも、ちゃんとドレスコーズではこういうことがやりたいんだという意図が音から伝わってきたような気がしたし、最終的に善し悪しどちらに落ち着くか(←変な日本語ですね)わからないけど、マリーズでできなかったこと、やらなかったことをやっていくんだなと思いました。

で、それに対して「トートロジー」は、ちょっとあざとい感じがするんですよね。
歌詞も、ドレスコーズになって若干雰囲気が変わったなと思ったのですが、今回ちょっと逆行した感じもするし。
PVに出てる女の子たちは某青文字系雑誌のモデルだそうですが、そのあたりと今回のあざとい感じは関係あるのか?と邪推にしか過ぎないことを考えてしまったり…。

なんかもう、そういう青くささは、あってもいいけど前面に出なくていいんじゃないかと思うんですよね。
マリーズでもやってきたことだし、そういう系統の良い曲が存在する。
ものすごく乱暴な言い方をすると、「上手なマリーズ」なら要らないということ。
それはプレイスキルのことだけじゃなくてね。

マリーズの良さって、できることは限られてるけど、それをものすごくかっこよく見せられるところだったと思うんです。
ちょっと力技で反則スレスレのとこでグググッと勝ちにいくみたいなトリッキーさとか、カッコ悪いはずなのになーんかカッコよく見えるんだからしょーがねぇわ、みたいな、理屈じゃなくて惹きつけられる感じとか。
「トートロジー」みたいな曲は、マリーズが上手にできることの一つだったはず。

でも、ドレスコーズってそういうのが理想形として掲げられるバンドじゃないと思うんですよね。
で、そういうのが先に挙げた2曲ではうまく表現されてたと思うんです。
だから、「トートロジー」がドレスコーズの1枚目のシングルだったら、個人的にはドレスコーズに対して好印象ではなかったと思います。

別に「トートロジー」という曲自体がダメとかそういうことじゃなくて、ドレスコーズというバンドでそういうテイストのものをやるのなら、もう少し違ったアプローチができたんじゃないかと思うし、私は今後そういうのが聴きたいと期待しています。
今回のシングルに関して、私としてはそんな感想です。
ちょっとネガティブな感想ですが、嘘ついたってしょうがないので正直に。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ドレスコーズは、毛皮のマリーズのVoのバンドでしたか
バンドは、ヴォーカルが同じでも、メンバーが違うと表現の仕方など変わっていくんでしょうね
kazup
2013/08/18 16:05
>kazupさん
そうです、ドレスコーズはマリーズのボーカルがいるバンドなんです。
相変わらず変な声(笑)ですが、歌い方に変化が見られます。
煌砂
2013/08/19 00:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
早起きは三文の徳〜the dresscodes/トートロジー〜 OMNI/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる