OMNI

アクセスカウンタ

zoom RSS LOVE・名盤名ジャケE〜THE SPECIALS/SPECIALS〜

<<   作成日時 : 2011/11/04 23:32   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 10

みなさん、スカはお好きですか?
私は大好きです。
私の場合、高校時代にスカパンク、スカコアがかなり盛り上がっていたので、間違いなくその影響ですね。

本日は、ツートーン、スカの元祖、THE SPECIALSの「SPECIALS」です。

Specials
Capitol
2002-02-08
Specials

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Specials の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


本日ご紹介するのは、1979年発売の彼らの1st.アルバム。
何とまぁ、鋭い目つきの男たちでしょうか。
(と言っても2人はサングラスで見えませんけどね・笑)

このジャケットもいいですねぇ。好きです。
2トーン・スカの象徴、チェッカーフラッグものはかなり集めました。
リストバンドやペンケースなどの小物類から、ポークパイ、カットソー、パンツにスカート…挙げていけばキリがない(笑)
自宅で友達と撮った、全身チェッカーフラッグという気持ち悪い写真も、多分実家に残ってます(爆)
ちなみに一緒に写っている友人は全身ドット柄…キモい!!

そういえば最近、何かの雑誌で、このアルバムのジャケットのオマージュの写真をDOLCE&GABBANAがやっているのを見ました。
あれはかっこよかったなぁ…。
もちろん、元ネタのこのジャケットあってのものですけどね。


閑話休題、音楽のお話を始めましょう。
ゆったりしたテンポの「A MESSAGE TO YOU RUDY」から始まるこのアルバム。

この曲は、このアルバムとほぼ同時期にリリースされたシングル曲。
音源より動画の方が、だいぶテンポが速いです。

動いてるスペシャルズ、やっぱスタイリッシュですねぇ。
オシャレすぎるよ!!

「RUDY」というのは、当時のヤンキー(笑)のことです。
彼らはこの曲で、「ルーディたちよ、未来のことを考えて、まともに生きて行かなきゃいけないぜ」というメッセージを、とてもストレートに発信しています。
いやいや、アナタたち自体結構コワモテなのにそんなこと言われても…と思うところではありますが(笑)

もともと、スカ自体がパンクへのカウンター・カルチャーとして生まれてきた、NEW WAVEの一部らしいですからね。
「NO FUTURE」なピストルズと、「THINK OF YOUR FUTURE」という歌詞が出てくるスペシャルズの対比はとても面白いと思うのです。
やってることはパンクスもルーディーズもどっちも悪くて、変わらないのにね(笑)

そしてそこから一転して、パンクの影響が感じられる「DO THE DOG」へ。

攻撃的なスカ・ビートもかっこいいのです。
裏打ちのリズム、大好物!!

1曲目とは何もかも対照的なこのナンバーは、「モッズ、ロッカーズ、ヒッピー、スキンヘッズ、みんな死ぬまで戦い続けろ!」という歌詞があったりして、そうは言ってもルーディたちの現実はやっぱり「NO FUTURE」なんだなぁ…と感じさせられます。
まじめに働いた方がいいのはわかってるけど、でもやっぱ、やってられっか!!みたいな感じ。

ちなみに、このアルバムはエルヴィス・コステロがプロデュースしています。
しかも、彼の初プロデュース作品だとか。

私は小室世代なので、プロデューサーと言えばどうしても曲から歌詞からアレンジから、とにかく何から何まで口出しするイメージなのですが(笑)、どうやらそんなことはないようで。
コステロの特徴の一つである、わかりにくく難解な歌詞は一切なく、このアルバムではどの曲もシンプルでストレートな歌詞。
ってコステロが作詞してないんだから当然と言えば当然ですが…(笑)
ポップセンスや異ジャンルのミックス感覚なんかはコステロの仕事!という感じですが、どの辺まで彼の手が入っているのかは不明です(←おい)

「MONKEY MAN」なんかも好きですね。

思わず体が動き出す、ノリのいいナンバー。


レゲエ・スカとパンクの2つのテイストを楽しめる、お得な名盤です(笑)
スカ好きなら一度は聴いていただきたい、いや、むしろ一家に一枚!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
私は、あまり聴いたことがないジャンルですが、2曲目、3曲目は、ノリが良くて楽しそうですね
kazup
2011/11/05 01:23
俺も以前これ取り上げましたよ。市松模様つうのが俄然注目されてツートーンの靴とかTシャツ、あと黒のソフト帽かぶってるやついっぱいいたなぁ・・・。
ロック仙人TF
2011/11/05 12:00
>kazupさん
こんにちは!毎度です☆

スカとかレゲエって聴かない人は全然聴かないジャンルですからね〜。
逆に好きな人はものすごい好き(それこそ狂ったように好きな人が多い)なんですけど(笑)

このアルバムは、1曲目みたいなゆったりしたオーセンティックっぽい曲と、2、3曲目みたいなノリのいい曲と、両方楽しめるんです。
煌砂
2011/11/05 15:40
>ロック仙人TFさん
こんにちは(^^)
コメントありがとうございます。

確か私、ロック仙人TFさんが書かれた記事、拝見したと思います!
2トーンの言葉の由来はその記事で教わったはず…。

2トーンスカはファッション的にもすごくおしゃれで、私も大好きです。
煌砂
2011/11/05 15:42
こんばんは〜。スカはレスカを飲みながら聴くと、より「スカッ」としていいですよね〜。
(↑おいおい、レスカっていつの時代の飲み物だよ?)

ワタシの持っているアナログ日本盤には、あのカッコ良過ぎる代表曲「ギャングスターズ」がA面の3曲目という、堂々のポジションに収録されているのですが、所有している日本盤CDには、何故か収録されていないのですよね〜。
ボートラでも何でもいいから、入れればいいのにと思うのですが・・・。

その辺のところも含めて、また今回もトラバさせていただきましたので、よろしく哀愁!
OASI-Z
2011/11/05 17:33
>OASI-Zさん
こんばんは!

今でも「レスカ」って言って注文する人いるんですかねぇ…。
「アイコ」とか…。
オーダー取りに来たのが若い人だったらわからないかも(笑)

「ギャングスターズ」、私が持ってるのにももちろん入ってません。
アナログ盤だと入ってるんですねー。

トラバありがとうございます!
こちらもまたお返しさせていただきますので、よろしく哀愁TOO!!(笑)
煌砂
2011/11/06 17:31
またまた、コメントしま〜す。

ワタシ、学生時代に喫茶店でバイトしていたのですが注文で「アイミ、ガム抜きで!」と言われて「はぁ?」と怪訝な顔で困っていたら「オイ若いの、わかんねーか?アイスミルクをガム・シロップ無しで、と言う事だよ」と言われました。
だったら「冷たい牛乳」と言えよ!(笑)

スペシャルズに関係なくて、スイマセン
OASI-Z
2011/11/06 21:27
>OASI-Zさん
いらっしゃいませ!
関係ないコメントも大歓迎ですよ〜☆

「アイミ」ですか…それは強者ですね(笑)
一般的に使われていたんでしょうか…。
というか喫茶店でアイスミルク頼む人いるんですね!!
個人的には、なんでメニューにあるのかわからないもの第一位だったので…(汗)
しかも頼むとガムシロップついてくるんですね…。
甘い牛乳、おいしいんだろうか…。
いや、でもおいしいからきっとメニューいあるんですよね。うんうん。
煌砂
2011/11/06 22:27
スペシャルズはいいですね。昔の記事トラバしました。ヴォーカルのテリー・ホールがその後結成したファン・ボーイ・スリーもいいですよ。
カナ
2011/11/08 03:02
>カナさん
こんばんは!
コメントありがとうございます(^^)

トラックバック、ありがとうございました。
私も今からお返しさせていただきますね〜。

スペシャルズ、人気ですねぇ。
ま、カッコいいですから当然人気もありますよね(笑)

ファン・ボーイ・スリーは名前すら知りませんでした…(汗)
今度聴いてみます〜。
煌砂
2011/11/08 19:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
LOVE・名盤名ジャケE〜THE SPECIALS/SPECIALS〜 OMNI/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる